底辺からの景色

借金400万円で任意整理中の32歳元タクシー運転士。 漫画やアニメ、FXなど趣味の話も交えながら、ブログに奮闘しつつ完済に向けてのお話を記事にしています。

タグ:貧困話


こんばんわ。管理人の来栖あさひです。



今回の記事は​『dアニメストアの月額利用料金(税込440円)に楽天デビットカードから決済できておらず未払いになっている』というお話です。



こんなところで​遅延損害金とか聞きたくないんですけど…。



それはさておき、とりあえず見ていきましょう。





楽天銀行デビットカードからメールが…



2020年8月18日、楽天銀行デビットカードから一通のメールが届きました。




「利用代金の引き落としが確認できておりません」




現在、私が楽天銀行デビットカードで利用していたのは​月額440円のdアニメストアだけなので、「ああ、来てしまった…」と思いましたね。



延滞分については遅延日数分の遅延損害金を乗せて請求しますとも書かれていて、こんなところで聞きたくないと思いながら、私はメールを閉じました。




 

しかし今はお金がないのです



さて、現在私の楽天銀行の口座残高は39円です。



財布にはかろうじて400円と少し残っているわけですが、知っての通り​小銭では銀行に入金できないので、最後まで給料の天引きに頼らなくてはならないという、悲しい私でした…。
 



 

明日は給料日



そんな私ですが、明日の給料日が来れば1,000円くらいは楽天銀行に入金できます。



そう、給料の天引きです。



もう少しのんびり給与明細を受け取りに行っても良いんですが、事情が事情なので(先んじて入金しておけば何の問題も起きなかったのに…笑)、給料日の明日、さっそくついでに天引き分も受け取ってこようという腹なわけですね。




 

おわりに



我ながら、​今日の記事は何だったのかという感じですよね。



まぁ8月分の借金返済も残っているので、実はカッツカツの懐事情なんですが、それより​たかだか440円につまづいた自分が可笑しくて、今日の記事になりました、というわけで。



…早く明日にならないかなぁ(´・ω・`)









底辺からの景色 - にほんブログ村




(公開日:2020.08.19)

クリックしていただけるとランキングも上がって借金返済ができるかも? 応援よろしくお願いします(><)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こんにちは。管理人の来栖あさひです。


今回の記事は​『退職してから嫁に罵倒されるので家にいるのがつらい』というお話です。


嫁とも話し合って、前向きに退職したはずなのになぜ? と感じていますが、今日は考えられる原因や改善点などを考えていきたいと思いますので、ぜひ見ていってください。






退職を決めるまで


私は2020年7月末でタクシー会社を退職しました。


ここに至るまでの要因はいくつかありましたが、だいたい↓のような感じですね。


  • 新型コロナウイルスの影響で給料が著しく低下していた
  • 職場での人間関係が一部で著しく悪化した
  • 嫁に仕事を変えるか副業をして収入を維持してほしいと言われた(会社は副業禁止)
  • タクシー運転士をしていれば今後も世間の景気に大きく左右されて仕事をし続けていかなければならないことに嫌気がさした
  • 転職を検討するうちにやってみたい仕事ができた


正直なところ、私としては少しくらい給料が低くても人間関係が良好であれば続けていけると思っています。


それについて嫁の考えはわかりませんが、給料が高くても職場でパワハラやモラハラを受けていたり、イジメまがいのことをされていたら、続けていくのは困難です。


ですので、今回嫁にも仕事を変えてほしいことを示唆され、それとほぼ同時期に職場での人間関係が悪化した為、会社を7月末で退職することを決めました



 

現在までの流れ


退職を決めたものの、これからの家庭についてどうしていくのか、話し合う必要がありました。


以前の記事でもお話したかもしれませんが、私が務めていたタクシー会社では、給料から一部を天引きして手渡してもらえる制度があり、借金の返済や私自身の生活費(主に食費、たばこ代、ガソリン代)はそちらから捻出していましたので、失業保険を使おうが再就職しようが、この収入源は戻ってこないからです。


ちなみに、給与天引きの制度自体は希望者のみだったのですが、私が天引きを始めたのは嫁に「家計が悪化したから(当時嫁はまだ専業主婦でしたし、実際にあまり状況は良くなかったと思います)当面の間お小遣いなし」と言われたからです。


当時の判断も間違ってきたな…とは思いますが、当時から食事は別々でしたので、お小遣いがなくなってしまうと食費すら捻出できなくなってしまうと困る! と始めたのでした。


今にして思うと、嫁はどのタイミングで私が給与天引きをしていると知ったのか…お小遣いなしで生活していると本気で考えていたとは思えませんが、直近では天引きも黙認されていましたので、あまり気にしていませんでした。


私にも借金があるという落ち度があることはわかっていましたので、色々と強気に出られず、嫁にわからない裏で動いてしまっていたことで、本来すべき夫婦の話し合いをしてこなかったことがお互いに何を考えているのかわからないことの原因になってきたんじゃないかと思われます。


さて、そんな給与天引きという収入源を失うことになるわけですから、​借金の返済やこれまで別々のようにやりくりしてきた生活費も統合してもらわなくては破綻してしまいます


以前の記事で書きましたが、これらについては話し合い、9月からの借金の返済については貸し、生活費については統合する(今にして考えると、私の言う統合と嫁の言う統合は別物かもしれません)ということで話がついています。


また、再就職までの生活については特別定額給付金から切り崩してやりくりすると話がついています。


私もそこまで長期間に渡って無職でいるつもりはありませんから、​収入が失業保険のみになるのは9月だけ(8月はまだ給料が入るので)と考えています。考えたいです。


このコロナ禍の中で、企業がどの程度積極的に採用しているのかはイマイチ見えてきませんので、こればかりは計画の立てようもありません。




…というところまでが現在までの流れですね。





嫁からの口撃が厳しい


ここ数日、退職直後はあまり感じませんでしたが、日増しに私への当たりが厳しくなってきているのです。


「無職のくせに1日中ダラダラしている(自覚はあります 汗)」

「収入がないくせにコーヒーを飲むな」

「失業保険は収入じゃないのに偉そうにするな」


確かに嫁はパートに出ており、共働きの状態の中で私が退職したので、無職で家にいる私に苛立つ気持ちがわからないわけではありません。


さらに最近では「日中子どもたちが学校へ行っていてあんたしかいない間はエアコンをつけるな」など、節約というよりはもはや嫌がらせでしかないような横暴ぶりです。


…横暴、ですよね?



私としても何とか穏便に日々を過ごしながらさっさと再就職したいのですが、日に日にキツくなってくる口撃に、これまであった会社という逃げ場もなく、本当に肩身の狭い思いをしながら過ごしているわけですね。


もちろん、借金をしているという致命的な失点があることはわかっていますし、それがあるのであまり強く反論できないわけで、生きている意味すら揺らぐほどに自信を喪失しているところです。


どうにかして早急にこの(私が無職で家にいるという)状況を終わらせないと、子どもたちにも悪影響が出てしまいかねません。


というわけで、就活を頑張ろう、ということになるわけですね。


 


おわりに


ここまでつらつらと書いてきましたが、嫁を嫌いだとか、そういうわけでは断じてありません。


夫が無職という現状は嫁からしても厳しいでしょうし、周りにも言えなかったりしてストレスを溜めるだろうと思いますし。


だからこそ早々に再就職を決めたいと思っているんですが、再就職手当を狙っている身としてはまだ動くには少し早いなと思っているところで、嫁も理論上はそのことをわかってくれているようです


が、感情的な部分はどうしようもないですからね。


パートから帰ってくると呑気にスマホを弄っている夫(ブログの更新やWeb版ハローワーク求人を見たり、まぁゲームしていたり)を見れば、確かに逆の立場ならイラッとするでしょうけど。


こうして文字に起こすまで「何で私ばかりに嫌がらせしてくるんだ」と思っていた部分もありますが、書いていきながら嫁の気持ちもわかってくるものです。


落ち着いて分析してみれば、この原因はこれ(私の失業・自分の分の家事しかしない)だから、改善する為にはこれ(再就職・嫁の分担の家事を手伝う)をすれば良いとわかってくるわけですね。


私も感情的になっていた部分もあり、この記事を書くまでに夫婦喧嘩も多分にしてきてしまいましたから、少し恥ずかしく思っています。


家族が穏当な生活を取り戻すという大目標の為には、まず私が再就職(条件次第で開業することも視野に入っています)するしかないということ。


また、嫁に対して尊敬の意を忘れずに、気持ちを尊重し合っていかなきゃいけないな、と思いました。


今回、少し愚痴っぽい記事になってしまいましたが、ここまでお読みいただいてありがとうございました。


また読んでやってくださいね( ´ ▽ ` )ノ





底辺からの景色 - にほんブログ村

(最終更新日:2020.08.15)

クリックしていただけるとランキングも上がって借金返済ができるかも? 応援よろしくお願いします(><)




PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 こんばんわ。最近寝つきが悪くて何もやる気が出ません。


 さて、そんなことは置いておいて、ちょっと近況など書いていこうと思います。




法務事務所からの電話が途絶えた


 これまで、何だかんだで週一のペースで法務事務所から電話が鳴っていたのですが、今週はまだ着信が入っていません。


 …まぁ、鳴っても出ないので同じですけど。


 それはともかく、どこかのタイミングで辞任予告通知が来るか、もしくは予告なく辞任されるか、ということになることは予想できます。


 実際のところ、私の借金額(約320万円)だと、任意整理ではやはりどう安く見積もっても月60,000円は支払う必要があるようです。


 現状、生活していくのがやっとなので、月60,000円どころか月20,000円でも厳しいような気がします。


 これでは任意整理に失敗した先に個人再生を見越しているのに、それすら難しいんじゃないの? という感じです。


 なかなか厳しい状況なのですが、とにかく今は平穏に過ごしたいです。






(最終更新日:2019年11月07日)


PVアクセスランキング にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 こんばんわ。私は現在、300万円を超える多重債務の末に任意整理に踏み切りましたが、その任意整理すら失敗しかけています。


 そんな私が最近強く思っていること。それはカネが使えないからこそ使いたいという欲求が強く発現するということです。


 借金をしている身でこんなことを言うのもはばかられるような気もするのですが、カネを借りる前より、借りている最中より、返済するのみとなった現在、最も浪費欲が強く出ていることを実感しているのです。


 そんなわけで、今回は浪費癖のメカニズムと浪費欲のコントロール方法など、浪費癖を抑える為に何ができるのかについて、紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください。






浪費癖のメカニズム


 ひとえに浪費癖と言っても、その本質は各々の価値観や金銭感覚の差によって違いが出てきます。これは無自覚な浪費癖が存在していることもあります、という意味で捉えてください。


 たとえば、私は本来であれば節約しなければならないのですが、主に食事や読書、たばこなどに金銭を注ぎ込んでいます。電子書籍を購入する際には浪費をしている自覚がありますが、食材やたばこを購入する際には浪費をしている自覚がほぼありません


 これは無自覚ではありますが、自身の生活にどれだけ密接であるかがポイントになってきます。


 私の例で言いますと、食事を摂らない日はありませんし、たばこを吸わない日もない。しかし、読書をしない日はそれなりに存在していることから、読書と比べて食事やたばこが生活に必需であることを無自覚に選択しているということになります。


 このように、自覚している浪費癖は抑えることができますが、無自覚の浪費癖については、まず第一にこれは浪費なのかもしれないという気づきができるかできないかがポイントになります。


 そもそも、本題であるなぜ浪費をしてしまうのかについてですが、これは個々の欲求です。私の場合は腹いっぱい食べたい、本が読みたい、(ニコチン中毒)などの欲求が浪費に繋がっています。




浪費癖が抑えられない


 自分には浪費癖がある、と自覚できたとしても、それを抑えられなければ意味がありません。むしろ無自覚だったほうが幸せだったかもしれません。


 浪費癖が抑えられない、というのは、つまり欲求に負けてしまうと言い換えられます。私の場合では食欲に、読書欲に負けてしまっているという意味です。


 節約したい、しなければいけないとわかっているのに、または本来の使い途がある金銭を欲求を満たす為に使ってしまうというのは、もったいないことですよね。


 私もそうかもしれませんが、こういった傾向がある人には総じて未来の幸福よりも目先の小さな幸せを優先してしまっているのではないでしょうか。


 浪費癖を抑えられないとは、我慢ができないことではなく、目の前の幸せにとらわれてしまっている、または未来の幸せを想像できないことに起因していると考えられます。




浪費欲をコントロールする為に


 浪費癖を抑えられないことについて書いてきましたが、何とかこの浪費癖を抑える為に浪費欲をコントロールしていきたい。


 浪費欲とは、前のセクションでも書いてきました、私の例で言えば食欲や読書欲など、これらに金銭を使いたい、という欲求であるとします。


 さて、この浪費欲ですが、手懐けるのは容易ではありません。前述の通り、浪費癖のある人は未来の幸せが想像できなかったり、目先の小さな幸せにとらわれています。こうなると、遠い幸せよりも近い幸せを優先してしまうのは想像に易いことです。


 これを解消する為に、目先よりも一歩だけ先の地点に幸せ(ご褒美と言い換えてもいいです)を設置するのです。遠い未来の幸せは想像できないかもしれませんが、目の前よりも少しだけ先の未来くらいの近い未来であれば、比較的想像しやすいと思います。


 また私を例に使ってしまいますが、食事への浪費欲をコントロールする為に、1週間の食事を毎食おにぎり1つで済ませるという節約をするとします。この節約を達成できたあかつきには、目一杯食べていいよ、というご褒美を用意するのです。読書であれば、1ヶ月間一切買わずにいることを達成できればいくらまで買っていいよ、という具合ですね。


 これを繰り返していくことで、金銭的な結果以上に、浪費欲をコントロールする術を身につけられるという実入りが期待できるわけです。


 ちなみに、これは浪費癖がない人から見ると滑稽だと思いますので、留意しておいてくださいね。




 

浪費癖を抑える


 ざっくりとは前のセクションで書いてしまいましたが、浪費欲をコントロールできれば、結果的に浪費癖を改善できていることと思います。


 浪費癖を抑える為には浪費欲をコントロールすることが一番であるということになります。


 ちなみに、浪費欲のコントロールができてくると、金銭的なバランス感覚も培われますので、浪費しない自分≠我慢している自分という構図からも脱却できているのではないでしょうか。


 そうなれば、浪費癖を無意識下で抑えることに成功した、と言えるでしょう。




 

まとめ


 さて、ここまで浪費について書いてきました。私自身も浪費癖をどうにかしたいと思っていましたが、究極的には使えるお金がなければ浪費もできないという身も蓋もない答えにたどり着きました。


 今回紹介してきた浪費欲のコントロールは、自分の意志で決行することが難しいことであることはわかっていると思います。それができるなら浪費癖などついていないでしょうしね。


 日常生活の中では最低限の金銭しか持ち歩かないことで、ある程度の抑制にはなるかと思いますので、浪費をしないぞと心に決めて日々を過ごしていけば、自分で立てたルールを遂行できるのではないでしょうか。


 頑張って浪費家を脱却して、倹約家になりましょう(^^)






(最終更新日:2019年10月29日)


PVアクセスランキング にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






更新が遅れていました


 最近、新しい話題もできないし、何か動きがあるわけでもないので、なかなかブログの更新ができずにいました。申し訳ありませんm(_ _)m


 よくよく考えてみると、20日を過ぎて給料日だったりもしたのですが、今月は過去記事『#81.【日記】嫁に任意整理に失敗しかけていることをカミングアウトした件』でも触れた通り、正社員とは思えない給料しかもらえなかったので、天引きどころの話ではありませんでした。ですので、10月は本当に苦しい状況となっています。


 それはさて置き、今日はこれまでの経過など、主に任意整理の件と断食の結果を報告していきますね。



任意整理の件


 任意整理については、過去記事『#90.【日記】色々と思う通りには進まなかった』でも書いた通りですが、一度不在着信が入っていたものの折り返していないし折り返すつもりもないと書いたかと思います。


 この記事を書いた10/11以降、もう一度不在着信が入っていましたが、やはり折り返していません。というか、夜勤の(しかもどちらかと言うと深夜勤に近い)私に真っ昼間の13時とかにかけてきても出られるわけないじゃないですか! ある意味、向こうも辞任に向けて確信犯なのかな? とか思ったりしています。


 そんなわけで、着々と詰みに近づいている私です。この状態で何ヶ月も保つわけはないんですから。しかし、ない袖は振れないということで。とりあえずは放置しております。


 問題なのは、辞任されてしまった後に依頼できそうな事務所が見つかっていないことです。辞任されてしまうと、遅延損害金などを含めて一括請求もあったりするみたいですし、給料差し押さえなんかもあり得ると読んだことがあります。


 …ちょっとヤバイですかね?


 まぁ、今すぐできることもない(さっさと後任探せよって話ですよね 笑)ので、とりあえず放置です。




断食の件


 断食とか書いて、正直「あー、そんなことしてたな(笑)」というのが率直なところです。


 過去記事『#90.【日記】色々と思う通りには進まなかった』でルール変更をしたわけですが、それ以降、味噌汁程度は普通に飲んだりしてしまっていました。


 今日に近づいてくるにつれて、軽食もしてしまったりもしていましたので、事実上は180時間ほどで断念した、というところです。


 カネがなくても腹は減る、ということがよくわかりました(笑)


 また、これは検証していないので、正しいのか自分の意志の弱さかはわかりませんが、断食を経て食欲が以前より増したような気がします。


 これは経済的な効果を期待して断食したことが、かえって裏目、ということにもなるかもしれませんので、注意したほうがいいかもしれませんね。








(最終更新日:2019年10月27日)


PVアクセスランキング にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ