こんにちわ。1月8日が終わり、9日の東京市場が始まっている頃合いでしょうか。

 実はペーペーなのでFXの基礎知識も未だお勉強の私であります(汗)



 さて、現在私が保有しているのはユーロドルユーロランドのいずれもショートで1,000通貨ずつです。

 ぶっちゃけ、ユーロドルは早いところケリを着けたいと思っています。


 なぜって?


 …今回の長期保有でのんびり利益を出そうという私の意思に反して、大したスワップポイントもなく塩漬けのままで証拠金を占有されているからです(泣)



 1月8日が終わり、中東リスクでリスクオフの流れだった市場でしたが、リスク後退と思われる動きを見せており、ユーロランドでスワップウハウハの私にとってはユーロドルが邪魔で仕方ありません。笑




1月8日までの報告


 冒頭である程度のことは書いてしまったのですが、まぁとりあえず改めて。



 7日までの流れは、中東リスクによるリスクオフの流れによって不安定なランドが下落しており、含み損もかなり大きくなっていました。


 しかし、トランプ米大統領の演説で「イランは攻撃後、行動を抑制しているようだ」「イランの攻撃による米国人の犠牲はなかった」「我々の軍事力を行使したくない」などと述べて報復を否定したことで、目先の武力衝突の可能性は後退したと見られます。

 足元で進んでいたリスクオフを巻き戻す動きが加速し、米ドルが概ね上昇しました。



 それにより、ユーロドルではユーロ売りドル買いの流れが強まり、私の保有ポジションに近づいてきており、私のリスクも回避されつつあると思われます(笑)


 ランドもこのリスクオフ後退の流れで上昇しており、ユーロランドでもユーロ売りランド買いが強まり、オープン15.95260ランドからクローズ15.71385ランドまで戻しており、私の保有ポジション15.70998ランドまでかなり近づいたと言えます。




 これらにより、私の9日開始地点での保有状況は画像の通りとなっています。



FullSizeRender



 為替差損自体はマイナス760円程度あるのですが、スワップが両通貨合わせて260円を突破しましたので、含み損としてはマイナス500円程度となっています。





 ​…正直、かなりホッとしています(´∀`*)



 ぶっちゃけ(リスクオフの流れのままで)このまままた一時退場か? とすら思っていましたし、流れが止まらなければ追い金が間に合わずに強制ロスカットになっていたかもしれませんからね。

 そういった意味では、やはりこのくらいの余力を残してのトレードが大事なんだな、と実感せざるを得ない部分でもありました。



 ちなみに、ユーロランドは年末から保有しているので、これで10日目になりますが、スワップポイントは現時点で199円。単純計算で、3ヶ月程保有していればさらに1,000通貨保有できるな…。

 これまではあくまでも為替差益を狙うスタンスでしたが、スワップがマイナスのポジションを持つことは(1日をまたがないで決済できるかが)不安だった部分もありました。


 今回の保有スタンスががっつりスワップ派的な動きで、相当大きなリスクオフの流れに飲まれない限りは今よりさらにゆとりのある資金率でポジション保有していれば大丈夫なんじゃない?

 何ならスワップポイントだけじゃなく、場合によって為替差益まで狙えちゃえば一石二鳥じゃない?



 …みたいな野心もあります(笑)




 さてさて、今回はこのまま首尾よく利益に繋げていけるのか? はたまたこれまでと同じように溶かしてしまうのか?


 楽しみですね(・∀・)←他人事 笑









(最終更新日:2020.01.09)



クリックしてもらえるとモチベが上がりますので、応援よろしくお願いしますm(_ _)m