タクシー運転手は底辺職だと思いますか?


 タクシー運転手は底辺職だ、というのは、昔から言われてきたことです。あなた自身がそう思っていなくても、もしくはタクシー運転手だったとしても、こういう話を聞いたことくらいはあるはずです。


 今回は、タクシー運転手という職業はなぜ底辺職と言われてしまうのか? という話をしてみたいと思います。




収入面

 タクシー運転手は自営業や個人事業主的な扱いを受けやすいですが、法人タクシーのドライバーは会社員です。


 一般的に、タクシー運転手は地方格差が大きい仕事です。KPU(関東旅客自動車交通労働組合連合会)の調べによると、2018年のタクシー運転者(男性)の都道府県別年収で最も高い東京都では470万円​最も低い秋田県では212万円となっており、全国平均では348万円となっています。


 全産業の平均値と比較すると、確かに平均で200万円前後の格差があり、タクシー運転手の平均年収は低い傾向にあります。


 しかし、タクシー運転手は大半の会社で出来高払い制(歩合制)を採用している為、一般的な会社員と比較しても業界内での収入差が大きく、平均値では語れない部分も大きいものです。


 例えば東京都の平均年収は470万円ですが、年収600万円を超えるドライバーはたくさんいます。ということは、裏を返せば年収340万円を切るドライバーもたくさんいることになります。


 このように、タクシー運転手は職業としてというよりも、個人の資質や取り組みによって、大きく収入が変化する職業であり、一括りにして語れない職種であると言えます。



社会的地位

 タクシー運転手の社会的地位はバブル期までに形成されたものだとも言えるかもしれません。


 当時は乗用車の普及率が現代ほど高くなく、ましてカーナビも高級品だった時代です。タクシー運転手も地図を片手に道を覚えた時代でした。


 しかし、道のわからないお客様に対して遠回りをしたりして料金をふんだくるという行為も多かったようです。聞いたことくらいはあるかもしれませんが、こういったことから、当時のタクシー運転手は雲助(蜘蛛助と書く場合もあるようです)という蔑称で呼ばれることもありました。


 余談ですが、雲助というのは江戸時代に宿屋などにおり、かごを担いだ住所不定の人夫のことです。このかご屋には悪質な輩が多かったことから、総じて​足元を見ることを呼ぶこともあります。


 しかし、昨今のタクシー運転手は質が向上しており、運輸業としての質以上に接客業としての質を求められています。本当に悪どい運転手が1人いるとしたら、本当に悪どい乗客は10人いる時代に変わりました。


 ともあれ、そういった時代背景のもとについた社会的地位の低さは確かに存在するので、タクシー運転手の社会的地位が高いとはお世辞にも言えませんね。



タクシー運転手が底辺職だと言われる所以


 さて、ここまでタクシー運転手の収入面や社会的地位について紹介してきたのですが、そもそもタクシー運転手は底辺職と言われるのでしょう。


 前述の通り、雲助と呼ばれる時代があり、昨今においてもそれを引きずっている部分はあります。


 しかし、私の経験上で乗客から雲助呼ばわりされるとき、その年齢層は若年層であることが多いのです。タクシー運転手が本当に雲助だった時代を知らない若年層が、なぜタクシー運転手を雲助呼ばわりするのか?


 例えば高いパソコンを買って1ヶ月で故障した際に、補償が効かずに修理費を全額負担するとします。このとき、前述の余談でも書きましたが、少なからず顧客側は足元を見られています。雲助と呼びますか? 恐らく多くの人は結果的に泣き寝入りすると思います。


 タクシー運転手においては、乗客に「そこの交差点を右折」と言われたから右折したのに、「あ、左だった! それくらいわかるだろ、この雲助が!」と罵られます。もちろんこんなモンスターは少数ですが、確実にある理不尽な事例です。


 この違いが社会的地位の差であり、タクシー運転手の社会的地位が低いことを相対的に物語っているのです。


 収入がどうとかではなく、こびりついたタクシー運転手は底辺職だ、という見下した固定概念が、タクシー運転手を底辺職たらしめているという事実は、間違いなくそこにあります。




まとめ


 ここまで、タクシー運転手が底辺職かどうかについて書いてきましたが、現役のタクシー運転手でも「何でタクシー運転手なんか」とうそぶいている運転手もいます。


 ドライバー本人が見下して仕事をしているのですから、このイメージを払拭することはできないでしょう。


 そうして見下す癖がある人が増えているから、タクシー運転手のみならず、底辺職と言われる仕事がバカにされる時代になってしまいました。


 しかし、一般的に底辺職として挙げられる職種も、当然需要があるから成り立っている職業です。


 タクシーも同じです。困ったときにタクシーに乗るなら、最低限のマナーがあるのです。底辺職だから人間以下の扱いをしてもいいのですか?


 タクシー運転手が底辺職なのではなく、社会全体の心が貧しくなっているだけです。自分が真に豊かであれば、底辺職にも尊敬の念を払えるはずですからね。




 もちろん私もそうです。他人を蔑む人生では自分の人生は絶対に豊かにならない。感謝の心を忘れずに、生きていきたいものです。


 …なんか説教っぽくなってしまいましたか? 底辺から見えている世界はこうですよ、という、いちタクシー運転手の戯れ言として見ていただければそれでいいんです。


 だって、このブログのタイトルも底辺からの景色ですしね。笑





(最終更新日:2019年10月13日)

PVアクセスランキング にほんブログ村