こんにちは。32歳タクシー運転手の来栖あさひです。


 先日、過去記事(『#60.Google AdSenseの2週間ルールは守るべきか』参照)で、Google AdSenseで審査に落ちた場合に空けるべき2週間ルールを無視して、約1週間で再審査の申請を出すにあたっての考察と、それまでの流れについて書きました。


 先ほど通知をオフにしているGmailアプリに新着メールが届いていたことに気づき、アプリを開いてみると、やはりGoogle AdSenseからでした。








Google AdSenseの再審査に通過しました!


 前回は審査に2週間以上かかっただけに、今回の約2日というスピード審査に少しびっくりしています。


 さて、メールを開くと、タイトルには​『お客様のサイトでAdSense広告を配信する準備が整いました』とあり、おめでとう! と書かれた画像が表示されました。


FullSizeRender


 当ブログのURLが見覚えのないものになっていますが、これはPunycord(ピュニコード)という『日本語URL(Unicord)をDNSで使用可能なアルファベット、数字、ハイフンのみに置き換える』ことで申請された当ブログのURLです。




 …再審査に受かった! やったーーーー!!



 審査に落ちたときは何だかんだで落ち込みましたが、今回、再審査を通過できて、とても嬉しいです。


 通過する為の努力というか、やるべきことはある程度やってきてはいましたが、こうして通過してみると、感慨深い気持ちになります。


 …やっとスタート地点に立ったところなんですけどね。笑


 さて。しかし、受かったということは、私の見地からは1つ検証の結果が出たと言えます。





Google AdSenseの2週間ルールは存在しないのでは?


 私も色々なブログを調べて回りましたが、このGoogle AdSenseの2週間ルールについては意見が割れていました。


 安全策では当然2週間空けるべきだとも考えましたが、ぶっちゃけ我慢できなかったので、約1週間で再審査の申請をしました。


 しかし、こうして受かってみると、書いてきたように『修正さえしっかりしていれば、期間は関係ない』のではないか、と。


 というわけで、当ブログでは​Google AdSenseの2週間ルールが存在しないかは不明ですが、必ずしも遵守する必要はないと結論づけることにします。









まとめ


 今日はGoogle AdSense再審査の結果報告と、Google AdSenseの2週間ルールについての見解について書いてきました。


 やはりまじめに修正していくことが大事なのかな、という感じでしょうか。


 ちなみに、私が今回再審査の申請に向けて最も苦戦したのはプライバシーポリシーの作成でした。


 当ブログのプライバシーポリシーはページ上部のリンクから見られますので、ぜひ見てみてください。


 これからは少し広告が多くなるかもしれませんが、これからも読んでやっていただけると幸いです。