釣り銭を使い込んでしまい、11日に臨時収入の予定があるので、それまで堪えなければならないことを過去記事『#58.気づけばまた釣り銭が減っていた』で書きました。


 1日半遅れましたが、臨時収入が入りましたので、それについて書いていこうと思います。



予定通り臨時収入をゲット


 臨時収入の額についてはどれくらいもらえるかわかっていなかったのですが、11日にタクシー外業務が予定通りありましたので、おかしな言い回しですが予定通りの臨時収入ゲットとなりました。


 さて、問題は当然その金額です。


 減った釣り銭を補填する為には少なくとも7,000円必要でしたので、最低でも7,000円…今後の出費を考えれば10,000円くらいあると嬉しいな。


 そう思いながら会社からサインする領収書と封筒を受け取りました。そこに書いてあった金額は、




​ 7,000円。


 カネを手にした瞬間、うーん、これは手元に一銭も残らない! と思いました。


 嬉しいような悲しいような…とりあえず仕事に支障をきたす釣り銭には返金できることが約束されたので、ひと安心することになったわけです。




忘れていた出費が…。


 釣り銭を補填できてめでたしめでたし…と思いきや、先日のガソリン騒動(過去記事『#56.ガソリン代の交渉をした』『#57.ガソリンが給油された』を参照)で、1,000円分給油されたガソリンでしたが、たかが1,000円分の給油でしたので、早くも減ってきていたのでした。


 本来であれば臨時収入7,000円は全て釣り銭に充てないとヤバい


 しかしガソリンがないと出勤できない


 そんなジレンマの中で、選択肢はほぼありませんでした。


 ​釣り銭から1,000円抜き取り、ガソリンを給油することにしたのです。

 泣く泣くでした。




まとめ


 …というわけで、13日朝の(12日の仕事が終わった)現在で、さらに食費やたばこのカネをちょこちょこ使い込み、また千円札が7枚しかない状況になってしまいました。


 しかも、今度はこの先の臨時収入の予定が一切ないので、給料の天引きを待つしかないかもしれません。





 ​…どうしよう(´・ω・`)