昔はよかったよなー。チップだけでメシ代とたばこ代がまかなえたりする日も多かったのになー。


 …こんな気持ち、ある程度長くタクシー運転手をやっている人なら、わかってくれますよね?


 タクシーのメーター料金って、チップありきだから中途半端な料金らしいですよ。今はチップなんてほとんどないんですから、10円単位の端数が出ない、きっかりした料金に変えてほしいです。


 そうすれば用意する小銭の量も減らせるのに。



釣り銭を使い込む癖が抜けない


 さてさて、前置きでしたが、以前はチップをいただく機会が多かったので、釣り銭からコーヒーやたばこを買っても減らなかったんですよ。


 それが、今やチップをいただける仕事なんて1日に1回あればありがたいくらいです。もしかしたら、以前と比べて、私がスレてお客様に微妙な対応をしていたのかもしれませんけど。(自覚はないですけどね。笑)


 なのに、釣り銭のカネでコーヒーやたばこを買う癖が抜けない私です。


 そりゃあ、釣り銭も減りますよね。涙


 悪いときだと、ちゃっかり釣り銭からたばこやらを買うくせに、いただいたチップもちゃっかり財布にしまって、結果的に釣り銭が減っただけ、なんてこともよくあります。


 借金をし始める前は、釣り銭が減ってもすぐに補完できる程度に財布の中身も潤っていたような気がします。


 客観視してみると、私という人間はこういうことをしているから、釣り銭や財布の中身だけでなく、心まで貧相になっていったのかもしれません。


 こうして​自分のクズっぷりを客観視するのは、意外と精神的にキツいものがありますね。茶化す場面でなく、シリアスに​自分がクズであることを実感してしまうので。まぁ事実なんですけど。




臨時収入に頼る毎日


 給料日に天引きした給料を支払いや返済に横流しして、残ったり残らなかったりするカネで1ヶ月生きていくのは不可能です。


 何せたばこは究極はやめるにしても、自分の分の食費を自分でまかなっていますから、それなりには出費することになります。


 それを補ってくれるのが、​会社からの臨時収入というわけです。


 こればかりを頼りにしていてはいけないのですが、これがなくなったら事実上破綻してしまいますので、少々面倒な仕事でも積極的に受けているのです。


 こんな素晴らしい制度を設けてくれた会社に感謝しながら、明日11日までは臨時収入の予定がないことを憂いている私なのです。



 だって、釣り銭のお札が3枚しかない状態で、今日10日を乗り切らなきゃいけないんですよ?



 …乗り切れるのでしょうか?(´・ω・`)