任意整理の手続きに入って、新しい借入はできなくなりました。当然のことではありますが、新しいクレジットカードを作ることはおろか、これまで使っていたクレジットカードも使えなくなりました。


 借金をする為でなく、日々の買い物の中ではYahooショッピングや楽天市場、Amazonなどの通販サイトを利用することもあり、クレジットカードで支払っていたものが使えなくなったことを、とても不便に感じていました。


 しかし、デビットカードがそんな悩みを解決してくれたのです。





デビットカードは審査不要


 一部例外はあるようですが、大半のデビットカードには審査がありません


 私はファミリーマートを使う頻度が高く、Tポイントを貯めていたので、ファミマTカードのデビットカードを作りました。


 ファミマTカードの銀行口座としてはジャパンネット銀行になりますが、これも審査はなかったようです。


 他にもセブン銀行や楽天銀行のデビットカードもあるので、セブンイレブンや楽天市場をよく使う人は、審査無しでもお得に買い物ができますね。






金銭の管理がとても簡単


 クレジットカードは後払いなので、事後の金銭まで踏まえた管理能力が必要になります。


 しかし、デビットカードは基本的に銀行口座にお金が入っていなければ使うことができません


 デビットカードはクレジットカードと比べて金銭管理がしやすく、赤字に陥る危険性も低いと言えるでしょう。


 私が使っているファミマTカード(ジャパンネット銀行)では、ジャパンネット銀行の預金残高をLINEで確認できるようになったので、さらに手軽に金銭管理ができるようになりました。


 預金残高がなくなることは防げませんが、クレジットカードのようにマイナスに陥って借金地獄、ということにはならないのが、私のような債務者にとって大きなメリットだと言えます。





クレジットカードの代わりとしても


 私はiPhoneなので、iTunesなどの決済は元々キャリア決済になっていました。


 任意整理をするまではクレジットカードを登録し、そこから音楽などのサービスを購入していました。


 しかし、任意整理によってクレジットカードが止まった影響で、iTunesでの決済ができなくなってしまいました。


 キャリア決済でもエラーになってしまっていたので、一時iTunesでは何も購入できない事態に陥っていました。

(キャリア決済がエラーになっていた理由は未だ解明できていません、申し訳ありません)


 しかし、デビットカードを登録してみると、何事もなかったかのように、また使えるようになったのです。


 他のサービスにおいても、クレジット決済と出ている場面でデビットカードのカード番号を認識させると、大半の場面で登録ができることがわかりました。


 これによって、何らかの理由でクレジットカードを持たない、もしくは持てない人でも、デビットカードを代用し、便利に利用できるのです。




まとめ


 デビットカードは低リスクでカードを運用できることができることや、基本的に審査がないので、債務整理などでブラックリストに載っている人も使える便利なサービスです。


 海外ではクレジットカードよりもデビットカードが主流だと言っているブログもありました。


 また、現金を預金したままで利用できることも大きな利点になると考えられます。


 これからは現金を持たない時代になっていくかもしれません。


 そんなときには、デビットカードが私たちにとって強い味方になってくれるでしょう。








(最終更新日:2019年9月23日)